観察に戻る

サボテンの芽生え

サボテンの種子  サボテン(金鯱)の種子を『2年の科学 2004年5月号 学研』の付録として手に入れました。
 
 九州みたいな形をした黒くて1mmほどの種子です。
 この種子を2004.4.29に播きました。
サボテンの双葉 サボテンの双葉の全体
サボテンのひげ根  10日ほどしてサボテンの双葉が出ました。
 なんだか、小トトロ(マイちゃんと追いかけっこをした白いトトロ)によく似てます。

掘り起こしてみると、その体に比べて意外にも根は貧弱でした。
でも、よく見るとひげ根もちゃんとありました。
サボテンの本葉  さらに15日ほどしてサボテンの本葉が出ました。
 
 本葉って、頭の毛のように見える<トゲ>のことです。
 トゲは、こうしてみると本当に葉なのですね。
サボテンの本葉の断面  気になったので、縦に切ってみました。

 すると、維管束が真ん中に筋のようにあります。
 でも、その周りは何でしょうか?皮層のように見えますが。
1年後  1年後のサボテン(金鯱)です。

 大きくはなりましたが、一年草の成長と比べると実にゆっくりとしたものです。
 この「ゆっくり」がなんだか魅力です。


観察に戻る