観察に戻る

いろいろなサボテンの芽生え

 おいでなんしさんから分けていただいたサボテンの種子を育てています。
茜丸の種子 茜丸の芽生え

 〈茜丸〉というサボテンです。

 種子は1.5mmぐらいの大きさで、黒い色をしていました。

 金鯱と違って、ひょろ長い芽生えです。でも、ちゃんと先が割れていて双葉であることが見えます。
 後ろには、まだ種皮をつけている芽生えが見えます。
黄金童子の種子 黄金童子の芽生え

 〈黄金童子〉というサボテンです。

 種子は0.7mmほどの大きさで、茶色でした。
 
 左側は種皮がはずれた芽生えです。
 一応、双葉のように先端が割れているようですが、それよりもまんまるだなあという印象です。
 
 右側はまだ種皮をつけている芽生えです。
 ひょろ長さが目立ちます。  〈茜丸〉〈黄金童子〉の両方とも、ひょろ長い芽が出ています。その種皮の大きさから種子の大きさを想像し、芽の大きさと比べてみてください。
 どうやったらこんな芽が伸びることができるのだ?と思うほどに、種子の数倍の大きさの芽が出てきています。
 
2005.6.20
観察に戻る