観察に戻る
表面交尾  雌まねき

ハクセンシオマネキ

 ハクセンシオマネキは、行動の観察をするのに適したカニです。

 その主な理由は、潮が引いたときに行動をするカニなのだけれど、堅い砂の部分に暮らしているので、人間が歩くのが楽なことです。ですから、膝まで泥にはまりながら苦労して歩くということをしなくてすむので、泥に棲むヤマトオサガニを観察する難しさはありません。

ハクセンシオマネキの雌の姿  ハクセンシオマネキの雌が食事をしている様子です。彼らは、このように、砂に含まれる有機物を食べます。そして、写真に見えるように、食べ終わった砂を目の前に積み上げています。

 左下に見えるのは、この雌の巣穴です。満潮の時や、危険があると判断したときに利用します。
ハクセンシオマネキの雄の姿  食事をしている雄です。どちらか片方のはさみが巨大になっています。ハクセンシオマネキの場合は、ほぼ、左が巨大の雄:右が巨大の雄=1:1です。

 ハクセンシオマネキは干潮になって砂から姿を見せると、ほとんどの時間を食事に使っています。ですから、一見、エサを食べている個体しかいないように見えます。しかし、じっと観察していると、他の個体にちょっかいを出してケンカをしたりしているのが見えてきます。

 「じっと観察する」というのは、結構大変です。ヒトが近付くと驚いて巣穴に隠れます。再び巣穴から出て来て活動を再開するのに数分かかります。少しでも動くと再度巣穴に隠れるので、大変長い間同じ姿勢で観察しなければいけません。ちなみに、上の写真を撮影したときには、私は4時間ほど浜にいました。

2001.08.15 初出


観察に戻る
表面交尾  雌まねき