観察に戻る
ハクセンシオマネキ  雌まねき

表面交尾

 ハクセンシオマネキの繁殖行動には2種類あり、下の一連の写真は、表面交尾というものです。

 表面交尾は潮が満ちてくるとき等にしばしば観察することができます。
 よって、新聞の「明日のこよみ」欄等によって満潮の時刻を確認しておき、その3時間ほど前に浜に着くように行くと観察できることでしょう。ですから、夏休み期間(繁殖期)であれば容易に観察できるカニの繁殖行動だと思います。

雌の巣穴に訪れた雄  近くの雌の巣穴を訪れた雄は、巨大はさみの反対側の足を微妙に震わせて雌へ信号を送ります。
応じて出て来た雌  雌に交尾をする気持ちがあれば、応じて巣穴から出て来ます。
表面交尾をしているカップル  そして、雌を足で刺激しながら向い合の姿勢に導き、交尾をします。

2001.08.11 天草の永浦島にて


観察に戻る
ハクセンシオマネキ  雌まねき