観察に戻る
ハクセンシオマネキ  表面交尾

雌まねき

 シオマネキは「巨大なはさみで潮をまねいているようだ」というのでつけられた名前です。
 しかし、実際の所は、下の写真に見るように、「雌まねき」です。
雌をまねく雄たち
 雌は時期が来ると自分の巣穴を捨てて放浪雌となります。雄たちは、この雌を必死にまねいて自分の巣穴に誘います。雌は巣穴を次々に確かめていって、気に入ったら出て来ません。すると、その巣穴の持ち主の雄が選ばれたことになります。

 巣穴の中で交尾をするので、巣孔内交尾といいます。しばらくすると、雄は雌に巣穴を明け渡して去って行きます。そして、雌は産卵をし、子を放ちます。

観察に戻る
ハクセンシオマネキ  表面交尾