観察に戻る

視線

トンネルで外で
 最近、冷水トンネルを通っていて感じました。
 「行きもトンネルの中が登りだと感じたよなあ。でも、帰りも登りだと感じているのはなぜ?下りはどこにあるの?」
 
 左は見えにくいですが、運転しながら撮影したトンネルの中の写真です。
 丸く見えるトンネルの奥行きの形から、放射状に車線等が伸びています。
 収束しているのは「仮の地平線」上にある視線の先です。
 「仮の地平線」の所に収束しているから、床があがっていっている様に見えて、結局登り坂の様に感じるのでしょうか。
 
 それではと、外の景色を撮影したのが右です。
 トンネルの中を示す奥行きの丸と、電灯が示す上向きの放射直線がないのを除けば、たいして変わりがない事に気付きました。
 それだけではありません。運転しながらでは、緩やかな傾斜の場合だと、路面だけを見ていたのでは登りか下りかわからないのです。
 
 「仮の地平線」関連で言えば、トンネルの外の急な傾斜の場合は、「仮の地平線」よりも車線の収束している点が下なら下りだし、上なら登りとわかります。
 緩やかな傾斜の場合は、「仮の地平線」よりも車道は下に見えます。北海道のように地平線の先まで道路が続いているところで運転すると、水平な道なのに登りのように感じるのでしょうか。
 
 この「仮の地平線」に加えて、gの変化や、周囲の地形との比較から、登りだとか下りだとかを判断しているようです。
 今まで意識した事がなかったことに大変驚きました。
 
 私たちは、周囲のどんな情報を、どのように処理して、日頃移動しているのでしょうか?
 
   2002.8.14初出 2002.8.15修正

観察に戻る