観察に戻る

しし座流星群

しし座流星雨
 2001年11月19日の午前3時半頃、福岡県甘木市の我が家のベランダから南天のしし座流星群をたくさん観察できました。「すべての星が流れるようだ」というような流星嵐とはなりませんでしたが、十分に美しい流星群でした。一度に複数の流星とか、1・2・3のリズムで見える流星とか、生まれて初めての経験です。そして、上の写真(オリオン座の下を流れる流星)のように、時々大きく光る流星を鑑賞する事ができました。
 
 また、東の空を見ると、放射点を肉眼で確認できました。つまり、四方八方に流れる流星の源の点が見えるほど、流れていたのでした。

 ところで、流星痕を肉眼で見る事ができました。これは、空気中に突っ込んで燃えたカスが、さらに落ちながら燃えているために見えているのでしょうか。不思議です。

観察に戻る