観察に戻る
スイセンの花  スイセンの花の解剖  スイセンの花のふしぎ

スイセンの稔性

 「原色日本植物図鑑 草本編[III]単子葉類 北村四郎他共著 保育社」には、スイセンは、『ヒガンバナ科スイセン属』として記載してあり、なおかつ「種子はできない」と書いてあります。
 『花は咲くのに「種子はできない」と明言してあるのはどういうことだ?』ということで、花粉を酢酸カーミンで染めてみました。
水仙の花粉
 すると、稔性のありそうな花粉(受精能力がありそうな花粉)は、矢印の先の花粉で、後は中身が全く詰まってなくて稔性がないとわかる花粉ばかりでした。
 
 稔性のありそうな花粉にしても、それぞれの大きさは不揃いで、染色体数に異常がありそうな雰囲気です(染色体が通常よりも増えてしまうと細胞の大きさも大きくなりがちです)。
 
 おそらくはヒガンバナと同じく三倍体(我々人間は二倍体ですけど植物には高次の倍数体ができても生死に関係がなくて育つものが多いようです)で、まっとうな花粉ができていないのでしょう。
 
 これでは虫たちが花粉を運んだ所で数百分の一しか可能性がないに違いありません。
 
子房の断面
 こちらは子房の横断面です。
 将来種子になる「胚珠」が白い粒としてたくさん並んでいるのが見えます。
 
 この胚珠の中に入っている卵細胞も、おそらくは花粉と同じぐらいか、もしくはもっと少ない可能性でしか稔性のあるものができていない事でしょう。
 となると、花粉と受精して種子まで成長できるものはほとんどないはずです。

 
花の後
 実際にできないものか見てみました。
 すると、子房=果実は茶色に変色(黄色の矢印の先)していて、「こりゃ種子は出来ていないな」と思えるものでした。実際、触ってみるとスカスカで、本当に種子はできていませんでした。
 気をつけて観察してみて、いつかは「水仙の種子」を発見したいものです。

2004.4.13


観察に戻る
スイセンの花  スイセンの花の解剖  スイセンの花のふしぎ