観察に戻る
スイセンの花  スイセンの花のふしぎ  スイセンの稔性

スイセンの花の解剖

咲き始めた水仙 正面から見た花
水仙の花 正面から見た花
 真ん中の黄色い副花冠がきれいに見えます。
 
 これを切ってみます。

水仙の花の断面 断面の解説
 花を縦に切った姿と、その解説図です。
 副花冠が一番上に黄色く見えます。
 その下にあるのが花被片=(花びら+がく)です。
 (花被片という言い方は、花びらとがくが区別できにくいので一般には花びらしかないように見えるためにつけた言葉です)
 緑色の部分をへて、雌しべの膨らんだ部分である子房が見えます。
 そして、その中に白く見える胚珠があります。これは、将来種子になる所です。
 おしべはほとんど葯(やく)だけです。花糸(かし)=葯(やく)を支える棒みたいな所(ユリでは目立ちます)がほとんどありません。これは妙です。
 そういえば、花被片や副花冠と、子房の間の緑色の部分も妙です(?の部分)。
 
 花を切ってみたら、結構簡単に作りが理解できるかなと思っていたら、これは大変な代物でした。

2004.3.31


観察に戻る
スイセンの花  スイセンの花のふしぎ  スイセンの稔性