観察に戻る
スイセンの花  スイセンの花の解剖  スイセンの稔性

スイセンの花のふしぎ

水仙の花の開き
 まずは、花を一カ所だけ縦に切ってスイセンの花の<開き>を作り、葯(やく)のついている付近を見てみました。
 
 葯は、上に3つ、少し下に3つついています。
 図鑑を見ると、スイセンはヒガンバナ科と書いてあります。でも、ヒガンバナは長い花糸の先に葯(やく)がついていますが、スイセンには花糸がないといってもいいぐらいに短いものです。
 
 これは、(1)もともと花糸が短いのか、(2)花糸が緑色の部分に融合してしまったのかどちらかでしょう。
 よく見ると緑色の壁の部分には維管束が筋となって見えます。ひょっとすると、これが花糸に相当する部分かもしれませんが、決め手はありません。

 では、白い花被片から子房までの<緑色の筒>の部分は何なのでしょうか。
 (A)花被片が互いにくっついてできた部分かも知れません。
 これは、テッポウユリの蕾(つぼみ)からの連想です。
 テッポウユリの蕾を作っている花被片は互いにしっかりかみ合ってできていて、開花するまで雄しべや雌しべを守っています。このかみ合いの部分がくっついてしまえば筒の出来上がりです。
 
 (B)それとも、花托(かたく)=花弁や雄しべなどが出てくる基の部分がグーンと伸びていったのかもしれません。
 でも、こちらはなんだか無理があるように思えました。
蕾から花まで  そこで、小さな蕾から花までを並べてみました。
 すると、花被片の大きさはあまり変わらないのに、緑色の筒の部分はグングン伸びていっています。
 
 こうして並べてみると、(B)で間違いないようです。
蕾から花までの縦断面  ついでに縦に切って確かめてみました。
断面の拡大    葯と子房の距離が離れていっているだけに見えますから、(B)で間違いないようです。

2004.3.31


観察に戻る
スイセンの花  スイセンの花の解剖  スイセンの稔性