観察に戻る

トドとセイウチ

トドの雌  大分県別府市にある「うみたまご」という水族館に行ってきました。
 そこで、トドやセイウチをじっくり観察する事ができました。
 
 まず、左はトドの雌の写真です。
 犬とシルエットが違うので、「これでも哺乳類?」という感じです。
 
 指は5本あるのがヒレの中にうかがえますから、「魚のようなヒレではなくて、足だ」とはわかります。でも、だからといって、すぐに哺乳類(魚よりも人間に近い)というふうにつながるものではありません
セイウチ  水槽で泳いぐセイウチをじっくり観察していました。

すると、「あれ?人間にシルエットがよく似ているじゃん。『太っている誰とかさんに似ている』とかいって怒られないようにしなくちゃ。でも、これなら、セイウチは哺乳類だというのは納得できるな」と思えました。
セイウチのお腹  セイウチのおなかを見ると、丸いおへそのようなものが見えます。

 でも、股の付け根からの距離が遠すぎるように思えて、何がなんだかよく分かりません。
 おへそかもしれませんし、生殖器かもしれません。一体どういう体の作りになっているのだろうかと思いました。
トドの雄  そういう疑問を持ちながらトドの雄を見ていて理解できました。
足  黄色で示しているように、後ろ足が配置している事が見えます。

 つまり、人間のように股の付け根から足が二つに分かれているのではなく、しっぽの大部分も含めて肉でくっついた形になっているわけです。
 
 私はてっきり「ちょっと出ているヒレの部分だけが足である」と思い込んでいましたので、「まだまだ内側に足があるなんて、、、」と思いました。
 
 これなら、セイウチのおなかの丸いものが「おへそ」でも「生殖器」でもどちらでもよさそうです。骨盤の近くに『丸いもの』があるのがわかりましたから。
 
 博物館に行ったときに骨格標本を見るのが楽しみになりました。

2004.8.2

観察に戻る