観察に戻る   妙に小さな花のツユクサ

マルバツユクサの閉鎖果

マルバツユクサ  マルバツユクサの花です。
 
 マルバツユクサの花は,包葉というポケットみたいな形の葉の隙間から咲いています。
包葉を開く  マルバツユクサの包葉を開くと,蕾などが見えます。
果実あり  すでに花の咲き終わった状態です。
果実  包葉を開いてみると,左のような果実がありました。

 マルバツユクサは,「秋になると閉鎖果をたくさんつける」と保育社『原色日本植物図鑑』に書いてありました。
 
 そういえば,「昨年引っこ抜いた時,閉鎖果があったなあ」と思い出したので,改めて見てみる事にしました。
マルバツユクサ  マルバツユクサを引っこ抜いてみました。

 根とは明らかに違う,白くて太いものがあります。
 これが,閉鎖果です。
伸びてゆく茎  茎の途中からも,側枝が下に伸びていっていました。

 茎が伸びていってるんだなということがよくわかると思いました。
果実あり  その伸びていっている側枝の包葉を取り除いてみました。

 蕾と果実が見えます。
 「蕾」も,蕾と言うよりも小さな果実のようでした。
 どうやって自家受精しているのか知りませんが,相当早い時期に受精に成功しているようです。
果実  下に伸びてゆく茎の包葉を開いてみると,地上の花の果実と同じものができているのが見えました。
花弁あり  下に伸びていっているのに地面に届かなかった茎の場合です。

 茎の先に花弁の青色が見えています。
 花弁ができて花が咲こうとしているのです。

 花をつける能力はあるわけです。
 でも,地中では咲かずに直接,実っているのでしょう。

 
 2005.10.10

観察に戻る   妙に小さな花のツユクサ