仮説実験授業関連に戻る

1万円のホログラム

1万円
マーク
 1万円などの新札についているホログラムからの光が偏光しているかどうかを偏光板を使って確かめてみました。
 
 すると、同じ向きから撮影している状態で、カメラのレンズの前においた偏光板の向きを変えたところ、違う模様が見えました。
 つまり、偏光している光だったわけです。
 
 でも、材質は何でしょうか。金属ではなさそうです。
 そして、非常に薄くつくっていますね。さすが、最新技術です。
 
 しかし、表面には何かコーティングしてあるようなのでテスターでは調べられそうにありません。
 もったいないからヤスリで剥くわけにもいきません(法律上、いじること自体が違反となるのだと思いますけれど)。
 
2004.12.26

仮説実験授業関連に戻る