仮説実験授業関連に戻る

折り紙で正20面体

 阿部恒『すごいぞ折り紙 〜折り紙の発想で幾何を楽しむ〜』(2003年 日本評論社)を見ながら正20面体を作ってみました。
 
 「ウィルスの基本の型は正20面体である」ということを聞いたので「これは作ってみなくちゃ!」と思ったのです。
 
1_AB.JPG  1:√3の長さに切った色紙を,2種類の折り方で5つずつつくります。
 
 図のように正三角形が重なりあうように貼り合わせます。
2_obi.JPG  すべて貼り合わせた状態です。
3_tunagi.JPG  となりへとなりへと,正三角形が重なるように貼り合せていって,片側を終えた状態です。
4_kansei.JPG  他方も貼り終えたら完成です。
 
 〈ウィルスの殻をつくっているタンパク質〉は,正20面体の形に自己集合する性質があるのでしょうか。
 それとも,正20面体の形におさめるような酵素があるのでしょうか。
 
 「こんな形ができる」「こんな形にかたまったタンパク質の殻からDNAが抜け出てくる」なんて,なんだか不思議です。

2010.07.15初出


仮説実験授業関連に戻る