仮説実験授業関連に戻る

圧電ポン

圧電ポン全体図
 ものづくりハンドブック1(仮説社1999年9刷261ページ)に掲載されている高村紀久男さんの「圧電ポン」を真似して作ったのが左の写真です。
 フジのフィルムケースの中にメチルアルコールを少し入れ、再度ビンに戻してから(壁面に残ったメタノールで十分)、数秒間手で暖めたのち、圧電素子をカチッと押すと、ドカーンと爆発して蓋が飛ぶというものです。
 
 しかし、私には圧電素子を押し付けて爆発させる時に恐怖感がありました。
 手の中での爆発であるという恐怖と、圧電素子から流れる電流に感電しないだろうかという恐怖でした。
 
 それで、湯沢光男さんの大型圧電ポンの点火装置を利用する事にしました。
改良圧電ポン全体図
 左の図は、その改良型の圧電ポンです。
 
 フジフィルムのフィルムケースに、銅クギの先端が極わずか離れるように刺しています。
 これに、点火装置を接続して完成です。(内部が見えるようにフタを外しています)
 
延長型
 この装置の利点は、左の写真のように、長くする事ができることです。
 危険性や恐怖心を感じた時に、実験者も逃げる事ができます。
 
 爆発の際に、銅クギがものすごい勢いで飛んでくる事も想像できますから、安全面に注意して損はないはずです。
 ぜひ、注意して実験して下さい。
 
2003.6.19修正

仮説実験授業関連に戻る