仮説実験授業関連に戻る

ベイブレード

 ベイブレードはすごい造りをしています。

ベイブレードの裏  ベイブレードを裏返して、軸を見せた状態です。
 軸先がキチンと削られていることが見えます。
 おそらくはCADを使って精密に設計し、製造しているに違いありません。
 そのおかげでしょう。ぶれなく回ります。
 逆に、コマによっては、平らな軸にわざわざして、他のコマへの攻撃を容易にしたりしています。
 
 そして、ベイブレードの種類によっては、軸の周辺にベアリングを用いていることさえあります。凄まじいこだわりです。
 
 さらに、内部にネオジム磁石を積載しているものが最近の主流です。
闘い   ネオジム磁石の積載は、マグネスタジアム(写真の赤い磁石を穴に埋め込んだ上に透明の蓋をかぶせ、その上でコマを戦わせるもの)の上で回すと、スタジアムに埋め込まれた磁石と、コマの内部の磁石との相互関係で、複雑な動きを作り出し、コマどうしのバトルを楽しもうというものです。
 
 左の写真では、ベイシーブと闘わせています。
 鉄でできたベイシーブは、スタジアムの磁石と反応して8の字に回ったりして、これも楽しいです。
 
 すごいのは、これだけではありません。
 
 箱をあけると、プラモデル形式になって入っています。
 この状態が尋常ではありません。
 なにしろ、バリがないのです。最近のプラモデルしか触っていないと気付かないかもしれませんが、昔のプラモデルには、組み立てるべき本体の部品の周辺に薄い膜のようなものがどうしても残っていて、これをバリと言っていました。
 
 バリが無いと言うことは、金型技術が発達したことにより、型どうしの隙間に流し込んだプラスチックが入り込んで固まっていないということです。
 金型技術という日本の誇る技術の粋を、惜し気も無く使っているわけです。
 
中国製 日本製
 そして、ある意味すごいのが、ニセ物が出回っていることです。
 夜店のはずれが左の写真の中国製で、当たりは日本製の本物だそうです。
 中国製は造りが悪くきちんと回らないので弱いです。ですから、子どもに嫌われます。
 
   2003.1.10

仮説実験授業関連に戻る