仮説実験授業関連に戻る  コンピュータ関連に戻る

教科「情報」と、楽しい授業について

 九工大における栗山次郎先生の「情報倫理」において、発表の機会を得たので、「思想としてのパソコン」の紹介の後に、「もしも原子が歌ったら」による「楽しい授業」の実例を演示しました。それを踏まえての論述です。

 『教科「情報」において、仮説実験授業が成立するか?』という問いがありました。
 これに対する答えは、「授業書ができないかぎり成立しない」です。
 
 仮説実験授業における授業書とは、クラシック音楽における楽譜に相当します。それは、「楽譜さえあれば同じ演奏を再現できる=授業書さえあれば同じような授業を再現できる」という意味と、「後世に残るような楽譜は簡単にできない=後世に残るような授業書は簡単にはできない」という意味と、「後世に残るような作曲家は頻繁には出現しない=後世に残るような授業書の作者は頻繁には出現しない」などといった意味においてです。
 そして、「同じような授業が再現できている」(演奏者が下手だったら再現できないのと同じく、授業をする者に依存します)ことが、40年近い実践の中で証明されています。しかし、この事は、「情報倫理」の授業におけるある方の評価のように一般にはなかなか理解されていません。
 
 私は、仮説実験授業が唯一のものだとは思っていませんから、教科「情報」なりの方法が確立されればいいと思います。しかし、それには「誰にも再現できる」仕組みが伴っていないと意味がないと思います。
 
 それは、私が今までに参加した同和教育の大会や生物教育の全国大会等で感じた事です。そこでは名人芸の授業によって成立した成功例ばかりが報告されていました。
 そのような大会での報告と同じく、教科「情報」においても名人芸のような授業はいくつも成立する事でしょう。しかし、そのような名人芸の授業は他人によって再現される事は決してありません。ほとんどの場合は、本人にその意志があるかどうかに関わらず大事な所が隠蔽されていますし、よい実践だからといって真似しようとしても方法がわからず途方に暮れる事の方が多いからです。
 それどころか、ふつうの授業は生徒に依存する部分が大きいと言う意味で、本人にとっても再現が難しいものでしょう。
 これでは、いくら立派な成功の報告が多数あった所で意味がありません。つまり、何年経った所で、情報の授業の中に成功した授業は普遍的に成立しないのです。ですから、教科「情報」における「授業書づくり運動」のようなものが必要となります。とはいえ、仮説実験授業にこだわる必要はないと思います。ですから、授業書にこだわる必要はありません。ですが、作成に成功するには、互いに刺激をしあえ、互いにその成果を追試できるなんらかの形の教師集団が必要です。つまり、有効に機能する教師集団づくりからはじめなければいけないわけです。
 
 しかし、教案の作成作業は困難を極める事が容易に予想できます。それは、『教科「情報」の中で教えるに値するものは何か』という追求が不充分だと思うからです。
 
 たとえば、プログラム言語は99%の生徒にとって無意味なものでしょう。それは、『思想としてのパソコン』においてネルソンが「対話型システムの設計というのは、誰でも10分間以内で操作法を覚えられるようなシステムを設計しなくてはならないと主張」したのと同じ意味です。これは、内部構造をほとんど理解していなくても運転できるという意味において、私にとっての自動車とも共通しています。私にとっては自動車は運転できればいいのですから。
 では、ワープロソフトの利用方法を教えればいいのかというと、特定のソフトで教えても、特定企業の宣伝にしかなりませんから、これも「教えるに値する」訳ではないと思います。
 そこで、『変わるメディアと教育のありかた』でも「コンピュータは自分らしさを追求するのに適している」という話が出てきているのだと思いますが、まだこの考えが一般に普及しているとはいえませんし、「自分らしさを追求する」ための誰にでも実現できる方法は確立していません。
 
 そして、「教えるに値するもの」という意味では、ルールのレベルでしかない「情報倫理」の授業は、さらに苦しいだろうと予測できます。なぜならば、生徒たちは内容を理解しなくても「説教が始まっている」ということを肌で感じるからです。そして、教師は「してはいけないのだ」しか言うすべを当分持てないからです。
 「いわれなくても分かっている」と、本当にはわかっていないのに生徒が思っている問題に対して、生徒に聞いてもらうためには違うアタックが必要でしょう。「そういえばそうだなあ。やってみるとわかるよ。楽しいから次も授業を受けたいな」とならなければ、生徒に聞いてもらえません。
 
 ですから、私は「貧乏になりたくないのなら情報の授業をキチンと受けなさい」という脅しによる授業ではなく、「こんなに情報って面白いし役にたつよ。だから一緒に楽しもうよ」という楽しい授業でなければいけないと思い、先日は「理科においてはこのような楽しい授業が成立できています。楽しい授業というのは不可能な話ではないですよ」という趣旨で実験を演じたのでした。
 
引用文献
  • 思想としてのパソコン 西垣通 NTT出版 1997年
  • 変わるメディアと教育のありかた 水越敏行、佐伯ゆたか ミネルヴァ書房 1996年
2002.10.28
 
仮説実験授業関連に戻る  コンピュータ関連に戻る