仮説実験授業関連に戻る

切り絵

展示風景  黒田康夫さんの授業プランを、総合的な学習の時間を利用して6時間かけて実施しました。

 安野光雅さんの『きりがみ江戸いろは』を購入し、それを下絵にして生徒に切り絵を楽しんでもらい、その後「トーナルカラー」という色紙で色づけをして個性を出して楽しむという趣旨のプランです。
切り絵  左のような素晴らしい作品が勢揃いしました。

 ですから、9割以上の生徒が楽しさ・理解度に5という高い評価をしてくれました。
 
 それよりも何よりも、職員室に「私の作品すごいでしょう」と見せびらかしに行っている生徒の姿を見ると、「この子の自己評価がものすごく高くなっているだろうなあ」と思えて、とてもうれしくなりました。
 
 実に素晴らしいプランです。

2005.7.11

仮説実験授業関連に戻る