仮説実験授業関連に戻る

コップコースター

コップコースター  2002.4.20に福岡県青少年科学館へ家族でいきました。そこで知ったのが、このコップコースターです。

作り方

  1. プラスチックの透明なコップに、ポスカで絵を描く。
  2. 予熱をしておいたオーブントースターの中のアルミホイルの上に置く。
  3. 熱で溶けて形が崩れきったら、手早くガラス板の間に置き、上から押して平らにする。
 学芸員の方の説明によると、「もともとプラスチック版の形をしていたのを打ち出したのがコップなのです。だから、元に戻ったんですね。大きさも飲み口のところと同じでしょう」ということだった。

 簡単にできるし、解けて元の形に戻る様子が面白かったですね。授業などで、ちょっと時間のあるときに楽しい教材だと思いました。
 
 2002.4.20  
 『ものづくりハンドブック1 「たのしい授業」編集委員会編 仮説社』に「魔法のコップ」としての紹介がありました。出典はこちらですかね。

アンパンマン アンパンマンのコップコースターです。顔の変形を計算して縦長に描かねばいけません。でも、できると結構うれしいです。

2002.7.15

仮説実験授業関連に戻る