仮説実験授業関連に戻る

ライトスコープの全体図  左半分の斜になっている部分が光源で、電池とライトなどが入っています。開くと写真のようにライトが点灯し、閉じると消えます。
 右半分のまっすぐ立っている部分が顕微鏡の部分で、一番上が接眼部です。
 一番下の透明な部分にものを置くと30倍で観察することができます。

 詳しくは「生物と細胞〜細胞説をめぐる科学と認識 宮地祐司 仮説社 1999年」や『ものづくりハンドブック2 「たのしい授業」編集委員会 仮説社 1999年8刷』を読んで下さい。
 型番:National FF-393 (電器店で購入できます)

 重要な利点は以下のことだと思います。
  • フックが開発した顕微鏡と原理的に同じ
  • 2500円程度と安いので生徒の人数分の購入も可能
  • ピント合わせが楽

仮説実験授業関連に戻る