仮説実験授業関連に戻る

ライトスコープ

ライトスコープの全体図  左半分の斜になっている部分が光源で、電池とライトなどが入っています。開くと写真のようにライトが点灯し、閉じると消えます。
 右半分のまっすぐ立っている部分が顕微鏡の部分で、一番上が接眼部です。
 一番下の透明な部分にものを置くと30倍で観察することができます。

 詳しくは「生物と細胞〜細胞説をめぐる科学と認識 宮地祐司 仮説社 1999年」や『ものづくりハンドブック2 「たのしい授業」編集委員会 仮説社 1999年8刷』を読んで下さい。
 型番:National FF-393 (電器店で購入できます)

 重要な利点は以下のことだと思います。
  • フックが開発した顕微鏡と原理的に同じ
  • 2500円程度と安いので生徒の人数分の購入も可能
  • ピント合わせが楽

 上のライトスコープはナショナルの方で製造停止となり、替わってズーム機構付きの3500円の製品が発売となっています。しかし、倍率を変えられるというのは不必要な機能です。第一に値段が高くなっているのがいけません。
 
 ところが、福岡県青少年科学館にいったおりに、以下のようなライトスコープを見つけました。
 富士コスモサイエンスの製品で、945円です。安い!
箱 中身
 ケースとライトスコープ本体を示しました。
 構造は、ナショナルのライトスコープと同じです。
 電池1個で照らしているので、照明が暗いのが玉にきずです。

ス 食塩の結晶
 接眼部にデジタルカメラのレンズを押し当てて撮影したのが左の写真です。
 
 まず、「ス」でわかるように、上下が反転して見えています。(撮影の都合上、斜めになりました)
 
 次に、「食塩の結晶」を見てみました。
 十分ではないでしょうか。


仮説実験授業関連に戻る