仮説実験授業関連に戻る

まめまめクリップ

かも 左の写真が、まめまめクリップの代表的な作例である「かも」です。胴体はとら豆の色と模様であって、着色したものではありません。

作り方

  1. 木工用ボンドをあずき大の大きさで木製洗濯ばさみの上に載せる。
  2. 木工用ボンドが少し乾燥したらとら豆を置いて接着する。
  3. 胴体となるとら豆の上に、顔をのせるためのボンドを載せる。
  4. 大豆に目を書き入れ、木工用ボンドをつける。
  5. くちばしにするために、あずきを半分に切り、大豆に接着すると顔ができる。
  6. 顔を胴体に接着する。ある程度木工用ボンドが乾燥していないと、顔がうなだれてしまうので注意が必要。
カッターで切った豆は皮が剥けやすくなるので木工用ボンドで覆っておくといいそうです。

アンパンマン 左の写真は、応用例として私が作った「アンパンマン」です。花豆に眉と目と口を描き、あずきを鼻として置き、あずきを半分に切ったものを頬として両脇に置いています。

まめまめクリップの由来

 帯広の近くの鹿追町にある「大草原の小さな家」というお店の商品を見た尾野眞由美さんが「これならできそう」と思い、アレンジして教室で実施しました。
 そして、尾野さんから旭川サークルで紹介されて知った小出育子さんは、「これは楽しい!」と「仮説実験授業研究会夏の全国合宿研究会 熊本大会」において紹介しました。
 それをさらに羽田野久美子さんが、大分仮説サークル主催の「楽しい授業入門講座〜小原茂巳さんを囲んで〜」2000.12.10において、小出さんのプリントを元に紹介されました。
 この講座に出席した私が、「楽しい」と感じたので、小出育子さんにHPへの掲載の許可をお願いしました。すると、わざわざ「大草原の小さな家」から許可をとっていただけました。おかげさまで、こうして紹介できているわけです。
 ちなみに、仮説実験授業研究会会員間での連鎖です。

仮説実験授業関連に戻る