仮説実験授業関連に戻る

水と「水」

水と「水」  仮説実験授業研究会の上野詔子さんの講演で、ペットボトルの中に水の分子をたくさん入れている模型を見たことがあります。
 これをまねして、一般向けのイメージづくりに、本物の水と分子模型の「水」を並べておいたら面白いのではないかと思って、『アートハーツ』という福岡県浮朝地区の高校教員の美術展に出品しました。
 「もしも原子が見えたなら」の水の話のときに、これを飲んでみせるとイメージがはっきりして効果がありましたから、作成して良かったとしみじみ思いました。

 他には、「セッケンと合成洗剤」の分子模型による作品も出品しました。

 以下の文面は、作品の説明文として用意したものです(実際には図も入れました)。

 ペットボトルに入った水と、水の分子模型「水」です。
 ペットボトルの水には、数えきれないほどの水分子が入っています。その一部を1億倍に拡大したのが、「水」です。
 水の分子模型はペットボトルにたっぷりと入っているように見えますけれど、実際の水の分子の数に比べたら、ほんの少ししか入っていませんから、本当は霧よりも小さな水滴です。

仮説実験授業関連に戻る