仮説実験授業関連に戻る

月の見え方

 「科学と方法 板倉聖宣 季節社 1995年12刷」の46ページなど、いろんな機会に『見れども知らず』『見れども見えず』といった話題が出ています。

 このなかの一つに、月の見え方があります。それは、月の見え方にはいろいろあるけれど、実際にはない月の形が国旗やイラストなどに描いてあるという趣旨です。

 意味はよく理解しているつもりですが、納得できない所もあります。
望遠鏡で見た月  2004.5.24に改めて観察していたときの月です。
 まだまだ観察が十分ではありません。
 キミ子方式で描かねば行けないと思っています。
 
 まず、月の中を通る曲線がでこぼこしています。
 それも一カ所だけ妙に明るくへこんでいる部分があって、なんだろうと目を凝らすとやっぱりあります。
 気になって、双眼鏡で確認したら、クレーターのふちが太陽に照らされて明るく輝いているところが、へこんで見えている部分でした。
 
 なんと、肉眼でクレーターを見ていたのでした。
肉眼で見た月  おおざっぱに見ると、左のように見えます。
 
 月の光が外側ににじんで見えているのは分かります。
 目を凝らすと、にじみが減るからです。これは、絞り開放で見た場合(なにげなく月を見た場合)と、絞り込んでみた場合(目を細めて見る場合)との違いです。
 また、強い太陽光線を見たときのように、光の筋が立って見えています。
 
 どこまでが「月の形」なのでしょうか。
 私は視力がいいのですけれど、乱視が入った人が見た月の形はまるで違って見えるはずです。ということは、同じ月を見ているつもりで、個々人の<脳に描かれている月>はかなり違った形となっている可能性があると思います。
 
 「虹は何色か?」という設問では、自分の見た目を簡単にいえば、4〜6色が正解ではないかという趣旨だったと思います。
 でも、絶対音階のように、絶対色覚とでもいうように色に対して繊細に見る事ができるようになったキミ子方式の実践者たちには、とんでもない数の色が見えていても不思議ではないように思います。


 このページを御覧になったみなさんには、どう見えていますか?よろしかったら教えて下さい。

仮説実験授業関連に戻る