仮説実験授業関連に戻る  もしも原子が見えたならに戻る

NOXを発生させる

 窒素酸化物の発生のさせ方です。(全日制の同僚の志岐・福江先生に教えてもらいました)
 
二又試験管  まず、二又試験管の片方に銅片を入れます。そして、くるっと回してもう片方を下にして6N硝酸を伝い入れます。この時点では混ざっていませんから反応も始まっていません。
二酸化窒素を発生させる  ゆっくり回して硝酸を銅の方に流し入れると反応が始まります。

 しばらくすると、銅が溶け出すので硝酸が青色に変わっていきます。そして、二酸化窒素ができてきて試験管の内部が茶色になってきます。
 
 これをそのまま試験管に集めるとよいです。
 (猛毒の気体ですから換気を十分にしなければいけません)
 
 下の「一酸化窒素の集め方」でわかるように、捕集できた気体は一酸化窒素も混じっているはずです。
 これは、太陽に当てておくと色が薄くなったりしますし、ゴム栓をあけると空気中の酸素と反応して一酸化窒素が二酸化窒素に変わるために色が濃くなることからもわかります。
 
一酸化窒素を発生させる  「二酸化窒素は水に良く溶けるのに、一酸化窒素はあまり溶けない」という性質の違いを利用して、水上置換によって気体を集めると一酸化窒素だけを集める事ができます。

 十分な量の気体を集めて反応を終えたい場合、二又試験管を回して硝酸と銅に分ければいいです。そして、洗浄します。反応して弱くなったかもしれないけれど、それでも硝酸は強い酸ですから、皮膚につけないようにする等、洗浄には十分な注意が必要です。

2003.5.1

仮説実験授業関連に戻る  もしも原子が見えたならに戻る