仮説実験授業関連に戻る

非接触型温度計の磁石

非接触型温度計  非接触型温度計は,「携帯型のデジタルカメラをもつと気軽に何でも撮影したくなる」のに似て,「なんでも温度を測りたくなる」道具です。
 それでバッグに入れたりポケットに入れたりして持ち歩いています。
 
 ところが不都合なことが起きました。
 温度計に磁石が内蔵してあったために,デジタル機器のデータが消えてしまったのです。
非接触型温度計  まず電池の裏蓋を外し,電池を外します。

 すると,左の写真のような小さなネジ(白い矢印の先)が見えます。
 このネジを,眼鏡用の微細ドライバーを使ってはずします。
非接触型温度計  裏蓋をはずすと,左のような内部構造が見えます。

 白い矢印の先にある銀色のものが磁石です。
 かなり強力なので,ネオジム磁石ではなかろうかと思える磁石です。
 
 こんなものが入っていたら,デジタル機器のデータが消えるのは当たり前です。


2005.12.1

仮説実験授業関連に戻る