仮説実験授業関連に戻る

プラトンボ

プラトンボ 製作の様子 飛ばす!
プラトンボ 製作 飛ばす!

 たのしい授業・2003年7月号に載っていたプラトンボを製作しました。
 材料表や設計図はそちらをごらん下さい。

 最初は、福岡県立朝倉高等学校定時制4年生の授業で、続いて、息子と友達と作りました。
 
 4年生の授業は、<光と虫めがね>のカメラの製作をしていて、早く完成した生徒の余った時間を利用しての製作です。

 最初は作らないといっていた生徒もいましたが、みんなが楽しそうに飛ばしているのを見ていると堪えきれなくなった様子だったので、「うらやましくなってきたろ。作ってみる?」と聞いたら、「うん」と返事をして作ってくれました。

 なかなか、みなさん楽しそうでした。
 
 材料のプラスチックは、学校の進路室に来ていた各種学校のファイルブックを使いました。タダで、透明で、やわらかく、「これ以上の材料はない」と言った感じです。
 
 その材料を持ち帰り、息子と、家に遊びにきていた息子の友達にも作ってもらいました。
 
 小学校一年生には、竹串をプラスチックに刺したりするところに無理があるようでしたので、手伝いました。
 それでも、自分で作ったプラトンボがよく飛ぶことに大変喜んでいました。

改良型
 左の写真は、海成が作った改良型です。
 竹トンボの羽は一番上にあるものという既成概念を打破しています。
 
 そして、「こんなのが飛ぶはずがない」という予想を超えて、実によく飛びます。
 竹ヒゴの重さや長さの調整にも色々あるようです。
 
 2003.7.12初出 2003.9.1修正

仮説実験授業関連に戻る