仮説実験授業関連に戻る

「差別と迷信」を実施して

 「差別と迷信」という仮説実験授業の授業書を2年生の部落の歴史においてやってみたので、報告します。

1、仮説実験授業について

 「差別と迷信」は仮説実験授業における「授業書」の一つです。「授業書」とは、「どういう問題をどんな順番で与えていけば、子ども達がおおいに興味をそそられるか、子ども達にとって楽しい授業ができるか」ということを確かめ、まとめたもののことをいっています。

 私は、授業書と仮説実験授業を授業にかける関係を、スタンダードナンバーと演奏者の関係に似ていると感じています。「枯葉」を演奏する演者によっていろいろ工夫があるように、授業書を授業にかけるのにも、授業する人の個性と工夫があります。

 「仮説実験授業のABC 板倉聖宣 仮説社」などを参考に授業を実施して下さい。

2、定時制2年生の様子について

 2年生のスタートは20名でしたが、退学や休学や長期欠席で実質14名での授業です。

 司法書士を目指している生徒、中学校からいじめなどによって不登校になっていたけれど毎日学校にきている生徒、他校を中退して来た生徒などがいます。ですから、授業に取り組む生徒もいれば、教室にいるだけましという生徒もいるのが現状です。

 また、「差別と迷信」の第一時間目で、「もうやめようや」と言った生徒もいました。飽き飽きしていたのです。

 このような中で、「部落の歴史」を歴史の専門外の私が普通に授業をしても聞いてくれないし、「耐えなくてはいけない1時間」となるのは目に見えていたので、「差別と迷信」を実施しようと思ったのでした。

3、授業の様子について

 「差別と迷信」は三章からできています。各章を各学期に一つずつ実施しました。特設同和としては1時間でしたけれど、一章当たり3時間かかりましたので、LHRや私が教科として教えている化学を使って実施しました。

 プリントを配付して、解説文や問題を読んでいる時には、各々勝手に好きな事をしております。時々、「ほら、女子うるさいぞ」などと声をかけながら授業を進めました。しかし、問題に対する答えを一人一人に聞いて回るときには、きちんと考えていたと思います。また、解説の時にも、図を貼り出したり、図を持って回って解説したりしたのが効果的であったように思いました。

4、生徒の評価

5とても楽しかった 1 5とてもよくわかった 0
4楽しかった 1 4よくわかった 4
3まあまあだった 4 3まあまあだった 3
2かったるかった 2 2よくわからなかった 3
1つらかった 2 1まったくわからなかった 0

5、やった結果および私の感想

 授業時間の関係で難しいのですが、「日本歴史入門 板倉聖宣 仮説社」に続いてやるのが理想だと思います。

 『仮説実験授業ノート「差別と迷信〜被差別部落の歴史〜」浜野純一編集 宝塚仮説実験授業研究会』のおかげで授業の準備がかなり楽になったので、「初心者による演奏」での不手際が少なくなったはずです。

 授業をすべて受けた生徒は二人しかいませんでした。継続的な内容の授業の場合、致命的です。
 実は一章当たり3時間でも不足していました。もっとゆっくりやれれば気持ちの余裕もできてくるのですけれど、なんとかせめて3時間で終わらせようとしたために、早口で読んだりして授業を急ぎました。だから、大事な部分や、分かりにくい部分を、噛み砕いて話し掛けるということができなかったのが大きな欠点でした。

 また、「ここまでは授業を進めておきたい」という思いを優先させ、生徒の気持ちが授業から離れてしまった(給食の時間となり他のクラスが移動しはじめたなど)のに気付いていたにもかかわらず無理をして授業を続けた事もありました。

 私自身、改めて理解した事が多くありました。たとえば、十二支が実は数字であったことなどです。また、「丙午の迷信と何の関係があるんだろう」と、ちらっと授業書の内容を見た段階では思っていたけれど、部落差別と丙午迷信にはよく似ている点があることがわかりました。

 参考として提示しようにも江戸時代の部落の人々の姿の資料がほとんど手に入りませんでした。

 「新しい知識」として、丙午迷信を植え付けてしまっていないかが心配です。注意したつもりですが、全員がすべての授業を受けた訳ではないので、クリアできているという自信はありません。

6、甘木図書館にある引用文献

・復元 江戸生活図鑑 笹間良彦 柏書房 1995年
・大江戸ものしり図鑑 花咲一男 主婦と生活社 2000年

仮説実験授業関連に戻る