仮説実験授業関連に戻る  水池2へ

水池1

 「仮説実験授業研究 第III期 5 仮説実験授業研究会編集 仮説社」での「授業書<電流>と解説」を参考にして、水池を作りました。
全体 噴水部分
水池の装置の全体写真 噴水部分の写真
 全体の中の(1)は、フラスコの中の噴水で、豆電球のかわりです。噴水部分は噴水となるように先を細くしたガラス管です。はフラスコの中の水を水池に戻すために低く設定したガラス管です。

 電池のかわりの水池が(2)(3)です。これは、2リットルのペットボトルの中程を切断し、(3)の500mlのペットボトルの首を切ったものを入れて、テープで宙づりにし、再度全体をテープで固定したものです。

 宙づりになった(3)のペットボトルからを通して水が豆噴水へ流れていき、からペットボトルの下に戻ってたまります。これを図示したのが下の図です。
水池の図

使用方法

  1. (3)の中に水を入れ、すべての管を接続する。
  2. 豆噴水の半分近くまで水を入れておいて、蓋をしたら、一気にひっくり返す。
  3. 配管に水が通ったら、噴水が始まる。


仮説実験授業関連に戻る  水池2へ