仮説実験授業関連に戻る

田んぼの生物

 稲刈りの終わった田んぼの、切り株の付近に溜まっている水をビニール袋に取り、学校に持ち帰ってから生徒に観察してもらいました。
 例年でしたら、顕微鏡の観察の一番最初に取り入れているところですが、今年は授業書『生物と細胞』の単細胞生物の観察の所で実施しました。

 しかし、ものすごい数の生物がいるものです。たった一滴の水の中に、うようよと数千匹はいるであろう単細胞生物・多細胞生物たちです。ちかちかと動いたり、ころんころん回りながらゆっくり動いたり、緑色だったり、たくさんの毛が生えていたり、様々です。

 私が何も言わなくても、「どっちが前なんだろう」「何を考えているんだろう」「なんなんだろう、こいつら」といった生徒の声が聞こえて来ます。
 「世の中には全然違った連中がいるんだ」という事実を実感してもらうための良い教材である事を改めて実感しました。

 以下の写真は、顕微鏡で観察したものです。ゾウリムシなどもいたのですが、あまりにも速くて撮影できませんでした。
 ライトスコープでも動き回る姿を楽しめますが、やはり高倍率で観察した方が美しく楽しめます。
緑色の生物鞭毛らしきものをたくさん生やした生物ちかちか動く
ツリガネムシアオミドロなど

仮説実験授業関連に戻る