仮説実験授業関連に戻る

私と仮説実験授業

 私が仮説実験授業とFirst Contactを持ったのは、教師になって2年目の1989年のことでした。
 
 それは、「こんなのがあるよ」と、『仮説実験授業〜<ばねと力>によるその具体化 板倉聖宣 仮説社 1974年』を同僚の吉田満寿美先生(司書)から貸してもらって読んだことでした。
 この本には大きく揺さぶられました。
 「生徒実験を中心に授業を作っているのに、実験をやる目的や結果を理解していない生徒が多いのはなぜだろうか。なにが欠けているのだろうか」と、授業をしていて感じていました。ですから、「これだよ!だけど、物理はいいよなあ。実験ですぐに確認できて。生物では無理だもんなあ。でも、いつかは生物でも<ばねと力>のようなのを作っていこう」と思ったものでした。
 
 (吉田先生には、「キミ子方式」の存在もこの時教えてもらっていました)
 
 しかし、生物分野では気持ちはあってもなかなかできませんでした。
 そして、仮説実験授業は<ばねと力>だけで、他には無いのだと思っていました。
 
 そうしているうちに、理科Iの物理分野を担当することになりました。
 物理は専門外で、苦手な分野です。「これを生徒に教えるとなると、難しいぞ」と資料を探しに本屋に行きました。
 そこで出会ったのが、板倉聖宣さんが前書きを書いておられる『学ぶ側から見た力学の再構成 川勝博ほか 新生出版 1992年』です。<ばねと力>の成果を引き継いでこんな本ができたんだなと思いました。
 
 しかし、3人の著者が思い思いの順番で別々の問題を出しています。
 そのままでは使えません。
 それで、自分なりに問題を配列して授業を行いました。
 ものすごく大変でした。しかし、問題の配列がいかに難しく、かつ、重要であるかを体験できたのは、私にとってよかったと思っています。(生徒は迷惑だったでしょうけれど)
 
 その後、転勤して、しばらくは生物分野を専門に教えていました。
 その中で、自分なりに仮説実験授業のような気持ちで生物分野で教えることができて、生徒にも好評だったのが「性を考える生物」です。
 「男女の意識の違い」といったことをテーマに討論会を実施することができて「性を考える生物」を気持ち良く終えことができ、「こんなに立派な討論会が成立できたんだから、来年度からも頑張ってやっていこう」と思っていたら、現在の定時制高校へ転勤となりました。1999年のことです。
 
 すると、物理・化学・生物を私一人で教えることとなりました。
 教師に対する敵意を持っている生徒たちを前に、物理や化学を教える自信は全くありませんでした。
 絶対に生徒が身に付けておかなければいけない理科の知識とは何だろうかと思いました。それを見つけることができれば、生徒がこちらを向いてくれるかもしれません。
 
 そこで、以前実施した「学ぶ側から見た力学の再構成」を再構成した授業を定時制でも実施しました。
 そして、「仮説実験授業」を再度思い出しました。
 
 まずは、甘木図書館で調べることにしました。
 すると、「仮説実験授業のABC」が引っかかってきました。
 それで、甘木図書館に依頼して他の図書館から借り受け、読みました。(かなり古い「仮説実験授業のABC」でした)
 そこには「仮説実験授業研究会」が紹介してあります。
 「ひょっとして、まだ仮説実験授業研究会は存在するのではないか?」と、インターネットで検索した所、仮説社の存在を知りました。そして、仮説実験授業研究会が存在していることを仮説社に問い合わせて知りました。
 ならば、「まずは入会しよう」と申し込むと、月報の他に各地で開催予定の研修会の案内がありました。その中に、私の実家がある熊本で上野詔子さんが主催する研修会がありましたので、参加しました。
 そこで、西川浩司さん、斉藤裕子さんの講義を受けたのが、仮説実験授業とのSecond Contactです。
 
 何度か研修会に参加した後に、来年度に阿蘇での夏の合宿があるというので、プレ大会が夏にありました。
 そこで、犬塚清和さんによる<力と運動>の講義を受けました。
 「これだよ。これ!俺がやりたかったのは!」と思ったものです。  
 仮説実験授業の授業書に<ばねと力>以外のものがあるとは知らなかったため、無駄に力を使っていたんだと感じました。しかし、無駄に力を使ったおかげで、<力と運動>を知ったとき、その価値を理解できたのだと思います。
 
 それから、<電流>など、たくさんの授業書をやりました。
 そして、ある生徒が「先生がやりたいことはわかるよ。実験をやって、俺たちに法則を見つけさせたいんだろ」と、言ってくれました。価値を認めてくれたんだなと思いました。
 
2003.1.7

 唐津であった犬塚さんと西川さんの会のナイター用に用意した文です。
 仮説実験授業研究会ニュースに自己紹介をのせていなかったので、その代わりにと思ってナイターで話しました。
 それは、犬塚さんや西川さんやその他多くの方々への感謝の気持ちがあったからです。そして、犬塚さんにも「感謝の気持ちを込めました」と言いつつ渡しました。
 すると、しばらくして届いた仮説実験授業研究会ニュース2003年1・2月号にこの文が載っているではありませんか。びっくりしつつも、また一つ感謝しました。

仮説実験授業関連に戻る