その他の実験に戻る

DNAの抽出実験

 1998年の東レ理科教育賞を受賞した森田保久氏の「特殊な機材・薬品を使わないDNA抽出実験」の変法が「図解フォーカス新版総合生物」に掲載してあります。これをプリント用に私が少し手を加えたのが下の方法です。
  1. 凍らせたニワトリの肝臓をおろし金でおろす。
  2. 乳鉢に肝臓を移し、1%ドデシル硫酸ナトリウム溶液(シャンプーや歯磨き粉の材料となる界面活性剤)を10〜15ml加えて、よくすりつぶす。
  3. 上の液とほぼ同じ量の食塩水を加えて軽く混ぜる。これにより、DNAを溶かす。
  4. 50mlのビーカーに移して肝臓の色が変色するまで数分間熱する。加熱することでタンパク質を凝固させる。DNAは比較的熱に安定であるから溶けたままである。
  5. 4枚重ねのガーゼで濾過する。
  6. 濾液を入れたビーカーを氷水に漬してよく冷やす。そして、冷エチルアルコールをガラス棒を伝わらせて静かに入れて、静かにかき混ぜる。すると、エチルアルコールによって沈澱したDNAが不純物とともにガラス棒に絡み付く。
  7. 絡み付いたものを別のビーカーに入れ、食塩水を20〜30ml程度加えてよく溶かす。すると、DNAは再度溶ける。
  8. 湯煎して、不純物として混じっていたタンパク質を変性させる。
  9. 濾過してタンパク質を除去する。
  10. 濾液を氷水でよく冷やしてから、冷エチルアルコールを静かに入れ、ガラス棒でかき混ぜる。すると、不純物が減って白くなったDNAを巻取ることができる。
 以上の方法で実験を実施しました。そのうちの、三つの場面の写真が以下のものです。
4.肝臓液を加熱 5.ガーゼで漉す 6.DNAの沈澱
肝臓の汁を加熱する ガーゼで漉す DNAの沈澱

 実験風景と共に、各種アルコールでDNAが沈澱する様子を示しました。メチルアルコールでは沈澱しないのではないかと思ってやってみたところ、エチルアルコールのように沈澱しているようです。イソプロピルアルコールでは二層に分かれ、DNAが取り出しにくそうでした。
 結局、実験のやり方にあるように、エチルアルコールが一番のようです。
実験風景 アルコールでの沈澱
生徒の様子 アルコールによる沈澱

その他の実験に戻る