その他の実験に戻る  

アユの精巣からのDNAの抽出

 「DNAとタンパク質」という話の構成上、精巣からのDNAの抽出が必要となりました。しかし、冬はたいていの動物の繁殖期ではありませんので、白子が魚屋では手に入りません。どうしようかと悩んでいて、朝倉町にある水面研究所の事を思い出しました。
 
 「あそこはアユを養殖して研究している。人工繁殖もしていた。ならば、冷凍保存している雄もあるに違いない」ということで、電話して聞いたところ大当たりでした。それで、アユを30匹ほど譲っていただきましたので、実験を実施する事ができました。
 

 まずは、アユの性別を判定してからの解剖です。
 尻びれの形から性別の判定ができるそうなのですが、難しいです。見ていると顔つきでも区別ができるようでした。
  1. 尻びれの突起が長いのが雌。
  2. 顔つきは雄の方がとがっているようだ。
 精巣は白くてのぺーっとしていますが、卵巣はつぶつぶが見えます。
解剖した雄 生殖腺
精巣 卵巣
精子 解剖の様子
アユの雄 生殖腺 精子の頭 解剖の様子
 DNAの抽出は、森田保久氏の「手軽なDNA抽出法」を元にして実施しました。
 
 精巣はすりこぎで軽くつぶしてからドデシル硫酸ナトリウム溶液をかけないと、後でつぶそうと思ったら、すりこぎでも逃げるのでつぶすのに苦労します(私は苦労しました)。
 
 湯煎の準備をさせつつ、「なるべく3分以内に湯煎に入る事ができるように手順を確認して、確実に、かつ、手際よく実験をするように」ということを強調しました。酵素がDNAを破壊するので、酵素反応を湯煎で止めなければいけないからです。
 
 「粗DNAの様子」では、ビーカーの中に冷エタノールを静かに入れた後に沈澱してきたDNAの様子を示しています。たとえは汚いのですが、「たん」のように、粘っこそうなDNAが出現してきました。
 
 「抽出したDNA」では、きれいなDNAが取れている様子を示しました。
すりこぎでつぶす 粗DNAの様子 抽出したDNA
すりこぎでつぶす 粗DNA DNAの結果

  DNAの確認も、森田保久氏の「DNA確認実験」を元にして実施しました。
  1. 1mlの水に抽出したDNAを溶かし、毛細管で字を書いて乾かします。
  2. 酢酸カーミンをだぼだぼかけて、5分間シャーレにおきます。
  3. しゃぶしゃぶの要領で熱湯中で振って余分の染色液を取り除きます。
  以下のように、DNAだけが染まり、ゼラチン(タンパク質)は染まっていません。
液をつけた紙 染めている様子 DNAは染まっている
最初  染色 染色の結果

生徒の評価

楽しかったか わかったか
3人 1人
1人 1人
4人 4人
0人 2人
0人 0人

生徒の感想

  • さいしょ魚さばくのいやだったけど、やってみたらそうでもなく、ちゃんとやれた。難しかった。
  • 初めてこんな実験をした。とても面白かった。
  • あまり意味がわからなかった。
  • 一つ一つの作業が難しくて、時間との勝負だったので大変だったけれどおもしろかった。
  • 実験したけど、DNAがどんなものか、白くてもやもやしたものしかわからなかった。

2002.11.14実施

その他の実験に戻る