その他の実験に戻る

アミラーゼの実験

(1)ジャガイモの澱粉の観察
ジャガイモの澱粉  ジャガイモを透けるほどに薄く切り、ヨウ素液をかけて、顕微鏡にて細胞中にある澱粉の様子を観察します。

(2)澱粉と糖の関係
 分子模型3の麦芽糖と、のブドウ糖を持っていって、「澱粉はこんなのが繋がってできていて、アミラーゼによって分解されると、こんなのができる」と、示しています。

(3)澱粉の唾液による消化
  1. ショ糖を少量水に溶かして、ヨウ素液を入れ、色に変化がない事を見る。
  2. 澱粉(片栗粉=ジャガイモの澱粉)の薄い溶液を作り、ヨウ素液を入れて、薄い青紫色になっているのを見る。その後、お湯に試験管を漬け、40度に保つ。
  3. 上と同じ溶液に、唾液を入れ、40度に保つ。
 以上の3本を比較する事で、アミラーゼの働きを見る。

(4)甘酒作り
  1. もち米(研いでから1時間水に浸けてザルに上げたもの)1カップ、水4カップを鍋に入れてふたをし、火にかける。煮立つまで強火、その後は弱めの中火にして、20〜25分炊いておかゆにする。
  2. 火を止めてふたをとり、室温で65度まで冷ます。
  3. おかゆを炊飯器に入れ、米麹(板状のものがスーパーに売ってあります)1カップを両手でもみほぐしたものを入れる。
  4. よく混ぜてから、保温し、蓋をして4時間おく。途中で温度が高くなったら、蓋を少し開け、63〜65度に冷ます。
 米麹をもみほぐしたものを一つとり、ライトスコープや実体顕微鏡で観察すると菌糸と分生子頭が観察できます。
 また、尿検査紙(ウロペーパーII'栄研'G,pH)を使うと、糖ができていることがわかります。

(5)アミラーゼの構造
 授業では扱っていませんが、PDBファイルをamylaseで検索して入手すると、RasMol(MacintoshではRasMac)によってアミラーゼを以下のように見せる事も可能です。このソフトで見ると、3Dの分子模型がグリグリ動かせます。
 しかし、こんな丸いだけにしか見えない分子が、よくもまあ酵素として働けるものだと思います。

アミラーゼの分子模型
Spacefill Ribbons
アミラーゼのSpacefill表現 アミラーゼのRibbons表現


その他の実験に戻る