その他の実験に戻る 

細胞の観察・スケッチと写真

 定時制には、他校を退学したりして入学・転編入をする生徒がいます。よって、「タマネギの鱗片葉の細胞・ヒトのほほの細胞の組み合わせ」の観察を経験している生徒が多数います。ですから、「前に習ったのと同じ」と言われないように「ちょっと違うよ」というところで、オオカナダモの細胞の顕微鏡による観察をやっています。

 一見したところ生細胞の写真(A)のように見えるので、上の面の細胞壁のラインと下の面の細胞壁のラインがあるのに理解せず、それを同一面の細胞壁の厚みとして描いてしまいます。さらに、これが正しいスケッチであると教科書でも間違った手本が掲載してあったり、テストの正解だったりしています。結局、細胞の厚みを細胞壁の厚みとして描くことになるので、ひどい間違いなのですけれど。
生細胞(A) 固定・染色した細胞(B)
葉緑体や液胞が見えます。しかし、核はほとんど見えません。 固定をすることで葉緑体が溶け、染色で核が見えています。核の中には仁も見えます。
生きている細胞 染色した細胞
 上の図で見えるように、ピントがあう面が薄いというのが写真の限界です。だからこそ、スケッチにおいては上下の面を区別して描くべきだし、区別しようとピント面をずらしながらじっくり観察することで、やっと理解し、見えてくるものだと思います。そして、この鍛練により、核・細胞壁の厚みの変化・原形質流動の場所・葉緑体のグラナ・液胞・ミトコンドリアなどの観察が可能になると思います。

 写真は、実験の際に生徒に撮影してもらったものです。デジタルカメラのレンズを顕微鏡の接眼レンズに押し当てて撮影しました。すぐに撮影に成功したかどうか確認できますし、失敗しても撮り直しをすればいいので生徒実習にデジタルカメラは役にたちます。

 実習の際には、スケッチを画用紙に描いてもらい、その近辺に撮影した写真をプリントアウトしたものを貼付して(私が加工して全員分を印刷しました)、提出してもらいました。少人数だからこそ可能な技だと思います。自分の観察したものが写真のようにプリントアウトして貼付できるので、生徒も喜んでくれていました。

その他の実験に戻る