その他の実験に戻る
ネギの体細胞分裂 2へ
 「体細胞分裂の観察を確実に行う簡易染色法と材料の条件」半本秀博<遺伝2000年6月号(54巻6号)50〜54ページ>をもとに、実験を実施しました。

方法
  1. 酢酸ダーリア液(ダーリアバイオレット0.5gを室温の30%酢酸100mlに溶かしただけのもの)7滴+1規定塩酸を3滴を時計皿に入れて混ぜ、播種して3日ほどで5〜15mmに根が伸びたネギの種子を12分間入れる。これで、固定・解離・染色が同時にできる。
  2. 次に、別の時計皿に入れておいた水につけ、時々水を入れ替えながら、2分間水洗する。
  3. すると、根端から5mmほどが青く染まる。その中でも特に濃く染まっている先端の1mmをスライドグラスの上で切り出し、水を2〜3滴をかけ、カバーグラスをかける。
  4. 軽くつまようじでたたいて細胞を広げた後で、スライドグラスを濾紙に挟んで、指で細胞を押しつぶす。

実験内容
 まず、ネギの発芽と染色の様子です。このように、濾紙を水に漬したシャーレで3日間発芽させます。これを、時計皿の中で染色します。
シャーレで発芽 染色中の様子
芽生え → 固定・解離・染色の様子

 次に、発芽したネギの根と染色を終えたネギの根を示します。上の操作の結果を示したものです。
発芽した根 根端部分が染色された根
芽生え拡大 → 染色後の芽生え拡大

生徒が作成したプレパラートでの体細胞分裂像です。こんなに簡単にできるのに、こんなに美しく見えるのが驚きです。
体細胞分裂像
その他の実験に戻る
ネギの体細胞分裂 2へ