その他の実験に戻る
ネギの体細胞分裂 1へ

ネギの体細胞分裂 2

 根の先端だけが染まって見えるのは、全体の細胞が染まっているのだけれど、根端分裂組織の部分は細胞が特別に小さいからだと思っておりました。ところが、実際に観察をしてみると、永久組織の部分は細胞が特別に大きいのではなく、単にほとんど染まっていないのでした。

 分裂後ある程度の時間がたつと細胞壁が変化して染色液を細胞内部に侵入させていないのではないでしょうか。とにかく不思議でした。
 
 永久組織の細胞では、核の他に液胞などがはっきりと見えています。
染色部分との境界 永久組織の拡大
境界 細胞
 また、根冠がほとんどないのも印象的でした。ツルボでは、解離した後で数ミリの根冠を柄付き針で除去できるほど厚みがありましたから。
根冠
その他の実験に戻る
ネギの体細胞分裂 1へ