その他の実験に戻る  

デンプンの消化

 消化の話をしていても、生徒の顔を見ていると反応は今一つです。
 それで、消化が見て分かるものをもっていきました。
どろどろのデンプンにタカジアスターゼを入れた溶化したデンプン
 鍋に水を少し入れ、片栗粉(ジャガイモのデンプン)を大さじ2杯ほど入れます。これをカセットコンロで熱しながらかき混ぜると、1分もしないうちにかき混ぜるのが困難になるほどドロドロになります。

 ここで、一旦火を止め、生徒に状態を見せて回ります。

タカヂア錠 つぎに、タカジアスターゼを見せます。(製品として売ってあるのにはタカジアスターゼのみというのはないようなので、新タカヂア錠を買ってきました。)

 そして、4粒入れたのが上の写真の左の状態です。

 これをかき混ぜると、数秒で溶化してサラサラになります。これが、上の写真の右の状態です。

 ここにきて初めて生徒は「なんでそうなると」という反応を始めてくれました。

高峰譲吉について.pdf 「日本科学の先駆者高峰譲吉 山嶋哲盛 岩波ジュニア新書」を要約した配付文書です。
その他の実験に戻る