その他の実験に戻る

教室の二酸化炭素の測定

 吉村七郎さんの「二酸化炭素と呼吸」を実施するにあたり、最初は「気体検知管」なんて学校にないよなあと思っていました。しかし、念のため養護の先生に聞いてみると昭和55年から一度も使われたことがないようなガス検知器が出てきました。
ガス検知器  ガス検知器のケースです。
ガス検知器の部品  ガス検知器の部品です。
 一番上の注射器のような形をした真空法ガス採集器は、100mlの試料空気を一定の速度で吸引する装置です。手前に見えるのが二酸化炭素用のガス検知管です。
ガス検知器での測定の様子  ガス検知器での測定の様子です。
 真空法ガス採集器に、両端を折ったガス検知管を差し込んで空気を吸引しています。
5分後のガス検知管  5分間の採集の後に青紫色の着色層が淡青色に変色した様子を示しています。0.05%の手前まで変色していますから、0.04%の二酸化炭素の濃度だろうといえます。


その他の実験に戻る