その他の実験に戻る

銀樹

寒天上の銀樹  2%寒天溶液10mlに0.25mol/l硝酸銀溶液10mlを加えて溶かしてから、時計皿に入れて冷やして固めます。これに、銅板をおいて数日たったのが左の写真です。

 銅板の所から成長していった銀樹の周囲に、銅板から追い出された銅イオンがいるためか、緑青の色になっています。

 寒天の中の硝酸銀は光と反応して銀が析出していて変色しています。これに、銀樹が伸びていくと色が薄くなっている事から、銀イオンが銀樹に取り込まれたんだなあと思えます。

その他の実験に戻る