『その他の実験など』に戻る

ハコベのスケッチ

1)利点 私のスケッチ
  • 実物を横に並べて、節と節の間の距離が違うじゃないかと直接指摘できますから、生徒は文句の言いようがありません。
  • 節から葉や枝や花が出る事が、はっきり見えます。よって、これを描かない生徒には描き直しを要求しやすいのです。
  • 節から節まで一筋だけ毛が並んでいるので、上級者にはこれを要求する事ができます。
  • 茎の断面が四角なので、丸の植物よりも観察力を要求できます。
  • 茎の先端に花が咲き、脇から枝が二方向に伸びて、その枝も花が咲いて終わり、さらに、脇から枝が出る…を繰り返す規則性が見えます。ただし、片方にしか枝がのびない個体も多いです。
  • 花弁が一見すると10枚あるように見えるのが意外性があって面白いです。
2)生徒のスケッチ
まともなハコベのスケッチ  ほとんどの生徒は、このスケッチのようにきちんと描いてくれました。ここまで描けるのは、「利点」で述べた指摘をしていくからです。ですから、2時間はかかります。

 もちろん、要領の良い生徒には、花弁や毛まで要求したりして時間調整をしています。

ムカデのようなハコベのスケッチ  ところで、真面目に4時間かけて、ムカデのようなスケッチをする生徒がいました。彼がどうしてこんな絵しかかけないのかということで、評価をどうすればいいのかと改めて考えさせてくれました。視点の問題か、脳での画像処理の問題か、技術の問題か…いろいろ考えています。

 2000.7.31の三重鳥羽大会の帰りに、松本キミ子先生に話をする機会があったので、質問してみました。すると、「そんな子はいるのよねえ。そういう子は、『多い!』とパターン認識の力だけで描いているのだから、先まで同じ形の葉を描いたりするのよ。だから、全体を見せないで、隠しちゃうといいよ」と教えていただきました。次回、このような子に出会ったら、やってみようと思いました。


『その他の実験など』に戻る