その他の実験に戻る

トウモロコシで遺伝の実験

 教科書に載るほどに有名になっている実験です。ですけど、お気に入りの実験の一つです。
 結果がきれいに出ますし、なにしろ、実験後においしく食べられるのがいいですね。

やり方

  1. トウモロコシスーパーから左のようにスイートコーンを煮て真空パックにしたものを必要数購入して来ます。
  2. 一本を1/3または1/4に包丁で切って、生徒に一人一つ渡します。
  3. 「縦一列に黄色と白色が何個ずつあるかを調べて合計してもいいし、全部はずしてから並べて数えてもいいし、とにかく工夫して正確に数えて下さい。」ということで、数えてもらいます。
  4. 班で集計した結果を板書してもらいます。
  5. 班の結果を合計し、クラス全体の集計をします。
  6. 黄色が白色の何倍あるかを計算し、比を求めます。
 2001.03.07に1年生10人の生徒に数えてもらった結果では、黄色:白色=1099:373=2.9:1でした。
 個人データや班での集計結果は3:1から外れることもありますが、40人ほどの生徒が数えると3:1という比がきれいに出ます。

注意点

  1. 黄色や白色は胚乳の色です。よって、正確には一遺伝子雑種の導入に使うのは難しいです。詳しくは下の「遺伝の話」を御覧下さい。
  2. 私は生徒に使用後食べてもらいますので、嫌いな人は友だちが食べれるように数えて下さいと注意を促しています。
  3. バイカラーコーンとして種苗業者から果実を購入できます。生徒がこれを播き、育て、収穫して、実験するというのが一番だと思います。それで、予備実験として私がやってみることにしました。しかし、せっかくだから無農薬でと思っていたら、肝腎のコーンを虫にやられました。結構大変です。

必ずしも生徒に伝える必要はないけれど…という、遺伝の話

胚乳核と精核の受精  減数分裂の後の体細胞分裂によりできた極核は、同じ遺伝子を持っています。この図では各々がA(胚乳を黄色にする遺伝子)を持っています。これに、a(胚乳を白色にする遺伝子)を持つ精核が受精すると、AAaの胚乳核ができるということを示しています。
 上の例をすべての場合で示したのが下の表です。一番上の行が精核の遺伝子で、左端の列が極核二つ分の遺伝子であるということで、見て下さい。
A a
AA AAA AAa
aa Aaa aaa
 このように、遺伝の学習の一番はじめに「正確に」教えるのは不適切だと言えます。しかし、結果は鮮明に出ますから、結果だけで十分ではないでしょうか。

引用文献

  1. 砂川徹・山田卓三:市販のとうもろこしで遺伝の法則をみる.遺伝、43(10)、98-99(1989)
  2. 杉野義信:雑種トウモロコシの分離〜果たして3対1?〜.遺伝、47(1)、107-109(1993)

2001.03.07初出


その他の実験に戻る