『その他の実験など』に戻る

イチョウの減数分裂

1)利点
・学校内に生えている事が多く、栽培の必要がありません。
・裸子植物であるので、非常に多くの雄花をつけるため、一度に大量の材料を入手できます。
・一旦保存すると何年でも使えます。
2)欠点
・4月上旬という異動の季節でもある春休みの期間中に減数分裂の時期が来るので注意が必要です。
・蕾の大きさと減数分裂のステージの関係について生徒が学習できません。
3)材料の採集
 :イチョウの♂の樹を探しておきます。
 :3月下旬に芽吹いてくる葉と同時に蕾が出てくるので、少し採集してプレパラートを作成して観察してみてからステージを確認します。
 :減数分裂を確認したら、葉を残して雄花だけ採集します。葉を残さないとその枝が死んでしまうからです。
イチョウの雄花
上の図は減数分裂を終えた雄花の状態です。これを参考にして蕾の頃の雄花のみを採集してください。
 :ニューカマー液(イソプロピルアルコール:プロピオン酸:石油エーテル:アセトン:ジオキサン=6:3:1:1:1)に固定し、冷蔵庫にてそのまま何年も保存できます。しばらくすると液が緑色になりますから、そのときに液を新しく入れ替えた方がいいと思います。
4)実験方法
葯を置く :まず、雄花から葯を数個取り出してスライドグラスに置きます。
このとき、生徒に何度も注意しておかないと、雄花全部を一気につぶしてしまう者が出てきます。
柄付き針でつぶす :柄付き針で素早く葯をつぶします。
乾燥させるといいプレパラートができません。
染色液をかける :酢酸カーミン液を1〜2滴かけます。
生徒によっては極少量しかかけないので注意してください。
余分を取り除く :柄付き針で、葯のかけらなどいらない部分を取り除きます。このとき、柄付き針でスライドグラスの端に運んでいった後で、針をスライドグラスに密着させて毛細管現象で染色液を吸い取るようにして中央に移動させるとうまくいきます。
染色液しかないように見えるのが正しい状態です。
ランプであぶる :カバーグラスをかけた後で、アルコールランプで軽くあぶります。これは、あぶった後で手の甲につけてみてアチッと思う程度にします。決して沸騰させてはいけません。軽くあぶる事によって、コントラストが上がります。
 この工程は生徒には難しそうだと思われたら、省いても結構です。
押しつぶし :濾紙にスライドグラスを挟み、両手の親指をカバーグラスの真上に当てます。そして、軽く自分の体重をのせるとつぶれます。この時、斜にずらさないようにする必要があります。
簡単そうで実は非常に難しいのが、この押しつぶしです。押しつぶしが最初で最後の生徒達には無理な部分だと思います。多くは望めません。
完成したプレパラート :これで完成です。
5)生徒のスケッチの例と写真
生徒のスケッチ  比較的良好な、生徒のスケッチです。これでわかるように、第一分裂中期は生徒にはかなり難しいようです。

 少なくとも生徒でもこの程度には見えるという意味での参考にしてください。
減数分裂の写真  ショウリョウバッタの減数分裂の観察の場合と違い、「細胞が1個だから第一分裂だ」「2個だから第二分裂だ」と区別できます。


『その他の実験など』に戻る