その他の実験に戻る

卵を使った浸透圧の演示

 これは、卵殻を酸でとかして取り除くのではなく、ピンセットで迅速に取り除く手法です。
 尻の方を上にして保存しておいた卵をそのまま教室に持っていきます。そして、尻の卵殻の部分に鋭いピンセットで小さな穴を開け、少しずつ、その穴を広げていきます。尻の部分には気室があるので、卵殻膜を破らずに穴をあけることができます。ここで、広く開けた方が浸透現象のスピードが速くなるのですけど、調子に乗っていると卵殻膜を破くことになるので注意が必要です。
 このとき、半年ほど冷蔵庫に保存しておいた卵を使うというのがコツです。少しずつ乾燥してきて気室が広がっているので作業が楽にできて、なおかつ広く穴を開けることができます。もちろん、新鮮な卵でもできます。ただ、大きい穴をあけようとすると熟練が必用になるという事です。
 こうしてできたのが、右の図です。卵殻膜
 次に、卵の尖った方にストローが通るぐらいの穴を開けます。そして、ストローを通します。この時、黄身に先端がいくようにすると上がって来た時に識別がしやすいと思います。
 そして、ストローと卵の境目にろうを垂らしてストローを固定します。
 
 私は、この作業を最初は準備室で行っていました。しかし、実習助手の方に、「生徒に見せた方がいいよ」と言われ、それもそうだと教室で行うことにしました。すると、大変な作業で作ったということもわかるので装置を大事に扱ってくれるし、何をやってんだろうと思ってくれるので、一挙両得でした。

 完成品を、卵殻膜の部分が水に浸るように設置し(下左図)、しばらく置くと浸透によって黄身の部分がストローのところに上がって来ます(下右図)。
装置の完成図 黄身が上がって来た様子

その他の実験に戻る