その他の実験に戻る

スイートピー

 遺伝の導入の際のメンデルのエンドウの話をしていて、生徒がマメ科の花を知らないことが判明しました。「赤いスイートピー」という松田聖子の歌は知っていても、スイートピーを見たことがないと言うのです。
 「これは一大事」と見せることにしました。

 とはいえ、レンゲやシロツメクサ(四つ葉のクローバー)の花がマメの花の集りだと言っても大多数の大人は知りませんので仕方ないのだと思います。また、スイートピーの花にしても、いったいどれだけの人がマメの花だと認識しているのか怪しいものです。

 下の写真は、スイートピーの「花の全体図」と「一つの花を解剖した図」を示したものです。
全体 解剖
スイートピーの全体 スイートピーの解剖

展開例

 まず、全員に一つの花を配りました。

 「変わった花でしょ。どこが変だと思います?」と聞きました。すると、「真ん中のちょんちょんとしたのがない」と言います。
 「そうそう、おしべやめしべがないよね。本当にないの?」と聞きました。「真ん中のをぐっと押し下げるとべロッと出てくるのが雄しべや雌しべだよ。ハチなんかがここに乗ったら出てくる仕組みになってるよ」と見せて回りました。

 「後ろから見てみて。緑色のがくがいくつある?」「5枚」「じゃあ、花びらは何枚ある?」
 (ここで、ツツジの花などを思い出してほしかったのですが、そうは甘くありません)
 「4枚」「6枚」「5枚」などの声が聞こえてきます。
 写真のように、私が予備的に一つ解剖した時には5枚だったのですが、現実はさらに甘くありませんでした。園芸品種だからでしょう、すべてがあります。多かったのは4枚でした。(5枚あるはずだから、雄しべや雌しべを包んでいたのも花びらなんだと思ってほしかったのですが、難しいものです。)

 雄しべの数は10本のはずなのですが、これにも変異がありました。

 気を取り直して、めしべの状態を見てもらいました。
 カミソリで縦に切り、「サヤエンドウみたいな小さなマメがあるでしょ」と、内部に胚珠があるのを見てもらいます。こうして、太るとマメになるんだなあと感じてもらうようにしました。

その他の実験に戻る