その他の実験に戻る
飼育 観察 実際

ショウジョウバエの捕獲

 野生のショウジョウバエを捕まえるには、トラップが楽です。
トラップの例  私は、左の図のように、紙製のジュースの空き缶にベイトを入れておびきよせました。防水の容器なら何でもいいはずです。

 ベイトは、(1)バナナを皮ごと指先ぐらいの大きさに切った後によくつぶし、(2)イーストを少量加えてよくこねてつくります。イーストはバナナ10本に対して大さじ1杯ぐらいの割合です。

 こうして作ったベイトを空き缶に入れて軒下などの屋外に数カ所ぶら下げて待ちます。夕方か朝にトラップを見て回って、空き缶の口に採集ビンの口をあてて、空き缶を揺すれば採集ビンの中に入っていきますから、すぐに採れます。
 春秋が多くとれます。また、春秋は自然に増える時期なので、恒温器など特別の装置が無くても飼育ビンだけで育ちます。(夏冬は温度管理が結構大変です)


引用文献:ショウジョウバエの遺伝実習〜分類・形態・基礎的実験法 森脇大五郎 培風館

その他の実験に戻る
飼育 観察 実際