その他の実験に戻る
捕獲 飼育 観察 

実際

蒸し器で滅菌 ワナで捕獲 飼育ビンの様子 卵と幼虫と蛹 成虫
 乾熱滅菌等の特別な装置がない学校でもショウジョウバエの生活史を見せることは十分可能であるということを見ていただければと思います。

2001.05.15に飼育ビンの滅菌をしました。

蒸し器で滅菌 30分で終了
蒸し器で滅菌をしている様子 滅菌終了

 野生のショウジョウバエを使用して、一回の生活史を見せるためだけなら、このような蒸し器での滅菌で十分だと思います。

 培地を入れて一日たったら、飼育ビンの内部の水滴が消えますから、ハエの親を捕まえて入れるのに丁度よくなります。

ショウジョウバエのワナ  4月中旬に左のようにワナを自転車小屋に設置しました。

 このワナは、紙コップにベイトを入れ、ハエが入れるぐらいのすき間を残しつつビニールで蓋をしたものです。
 
 しかし、時期が早すぎたのか、ハエの姿が見えませんでした。
 
 5月に入ると、ショウジョウバエの姿を見かけるようになったので、再度、これにベイトを入れて捕獲に成功しました。
 
 昼間の暑いときには来ず、夕方に来るようです。


2001.05.18
捕まえたハエを入れた飼育ビン
2001.05.22
幼虫が盛んに活動している飼育ビン
2001.05.25
蛹化しはじめた飼育ビン
2001.05.29
たくさん羽化した飼育ビン
成虫を入れたばかりの飼育ビン 幼虫のいる飼育ビン 蛹のいる飼育ビン 成虫のいる飼育ビン

 最初の状態とくらべると、幼虫がいる飼育ビンは、幼虫が培地を食べながらトンネルを掘っていくので、培地がガラス瓶から浮いたように見えてきます。

 飼育ビンをじっくりと見ていると、黒いのが動いているのに気付きます。これが、幼虫の口です。
 
 蛹になるために幼虫はビンの壁をつたって登ります。飼育ビンの中程で蛹化していました。しかし、培地上で蛹化している個体もいたので、やはり紙で蛹化するための台を作るべきかもしれません。

 実体顕微鏡の接眼部にデジタルカメラを押しつけて撮影したのが下の写真です。

 卵には2本の角が生えていますが写真では見えません。
 幼虫(おそらく3齢幼虫)も微細な部分は写りませんでした。実体顕微鏡で見ると美しいので、生徒も見てくれるといいのですが。
 蛹は幼虫の殻の内部にできています。
培地上の卵 幼虫(右側が頭)
培地上の卵 幼虫 蛹


 キイロショウジョウバエの成虫の姿です。
 雌の腹部はふくらみ、腹の先が尖っています。
 雄は雌に比べて腹部が痩せていて、腹の先が丸く、真っ黒です。

 「下から見た雌」の写真では、平均棍(胸と腹の間に見える棍棒状のもの)が写っています。本来ならば4枚あるはずの翅のうちの後翅が退化したものです。
 「上から見た雄」の写真のように、翅は美しく輝いて見えることが多いです。
上から見た雌 下から見た雌 上から見た雄 下から見た雄
上から見た雌 下から見た雌 上から見た雄 下から見た雄

その他の実験に戻る
捕獲 飼育 観察