その他の実験に戻る
捕獲  飼育  実際

ショウジョウバエの観察

ハエを眠らせる準備 観察をするためには、麻酔をする必要があります。
(1)トリエチルアミンまたはジエチルエーテルを含んだ綿をビンに入れて蒸気を充満させます。左の写真は、左から、ジエチルエーテルと麻酔ビンを示しています。

(2)ショウジョウバエの飼育ビンの蓋をはずしたら、あらかじめ蓋をはずしておいた麻酔ビンを口に密着させてハエを逃がさないようにしてから、麻酔ビンにハエを追い出します。

(3)しばらくするとハエは麻酔で動かなくなります。しかし、だからといって放置しておくとハエが死んでしまいますので加減が必要です。ハエが死ぬと翅が直立しますからすぐにわかります。
 もぞもぞと動き始める緊張感を味わえますので、麻酔は軽いぐらいが丁度いいと思います。完全に動きだしたら、再度、麻酔をして下さい。


ハエのスケッチ用紙 左の図は、私がスケッチを生徒にしてもらう時にあらかじめ描いて渡している絵です。全員にライトスコープで観察してもらい、これに形を付け加えたり、色を塗ったりしています。

(1)まずは、雌雄の確認をして、どちらに絵を描けばいいのかを判断します。雄は細身で腹の先が丸い形をしています。キイロショウジョウバエなら、腹の先が黒いのですぐに判別できます。雌は腹が大きく、腹の先端がとがっています。

(2)次に、翅が出ている位置と足が出ている位置を確認して、描きます。

(3)眼や体の色や体毛などを付け加えていきます。
系統を観察する場合には、さらに、系統の特徴となる形質を描いてもらえばいいと思います。


 時間があれば、卵(角が2本出ていて面白い形です)、幼虫、蛹も観察してもらえばいいと思います。飼育ビンを持って説明して回るだけでも十分な効果はあると思います。なにしろ、大部分の人は成虫しか見たことがありませんから。

その他の実験に戻る
捕獲  飼育  実際