その他の実験に戻る
捕獲 観察 実際

ショウジョウバエの飼育

 採集したり、購入したり、譲り受けたりしたショウジョウバエを以下のような方法で飼育します。
ショウジョウバエの飼育ビンの様子 (1)飼育ビン

(2)培地

(3)蛹化するための台

(1)飼育ビンの用意

  1. ハエを飼育する管と蓋を用意し、蒸し器で滅菌します。
  2. 管はジュースの瓶などガラスの管であればかまいません。
  3. 蓋はふとん綿をさらしでくるんで作ると経済的に作れます。この時、大きめに作って、ギチギチに蓋ができるようにするのがコツです。

(2)培地の組成

材料
1000ml
寒天 10g
イースト・生(ドライ) 200g(80g)
白砂糖 50g
プロピオン酸 5ml
ボーキニン液 5ml
*ボーキニン液とは、70%エタノールにパラオキシ安息香酸ブチル10gを加えたものです。

培地の作り方

  1. 水+寒天+イーストを撹拌しながら加熱する。沸騰しはじめてから10分間煮る。
  2. 砂糖を加えて2〜3分加熱する。
  3. 火をとめて、ボーキニン液、プロピオン酸を入れる。
  4. 50度以下まで冷えてから分注する。分注する際には、飼育ビンの口につかないように注意する。

(3)蛹化するための台

 滅菌したクッキングペーパーを刺しておくと、蛹化する台(蛹になろうかと幼虫が決断してくれる場所)となります。
 滅菌は、金属性の箱の中に三角に折ったクッキングペーパーを入れてから、オーブンで暖めればいいです。系統維持をする場合は神経質にならないといけませんが、生活史を見せるためだけだったら大雑把でもいいと思います。

 野生のショウジョウバエを捕まえて飼育する場合は入れなくても大丈夫です。しかし、突然変異の系統を購入した場合、系統によってはガラス壁で蛹化できない場合があるので注意が必要です。

その他の実験に戻る
捕獲 観察 実際