その他の実験に戻る  

タンパク質の消化

ゼライス  タンパク質の消化を見せるために、ゼラチンを用いることにしました。
 生まれて初めてゼラチンを溶かして固めたので、驚くことが多かったです。たとえば、寒天と違って室温にしておいただけでは固まらないことです。10度以下でないと固まらないと書いてあります。
 そうであるならば、固まったゼラチンは室温に戻したら溶けるに違いないと思い、3時間置いてみましたが、固化したままでした。どうもゾルからゲルへ変化をしてからはゾルに戻ったりはしないようです。
 
 代表的な果物である、ミカン・リンゴ・パイナップルをゼラチンの上に置いて、どれが変化するかを尋ねます。そして、予想を聞いてから、用意しておいた「答え」の皿を見せます。
問題 答え
問題 答え

 上の写真の答えに見えるように、パイナップルだけが1時間30分後には溶け崩れました。
 
 生徒は、以下のように予想していました。「へーパイナップルなのー」という声は聞こえましたが、授業の感想を取る時間がなかったので実際のところは分かりません。
果物 人数
ミカン 6人
パイナップル 2人
リンゴ 1人


 下に示すのは、PDBファイルをpapainで検索して入手し、RasMacで表示した分子模型です。
Spacefill Ribbons
空間充填模型 リボンで骨格を示す


2002.5.9

引用文献

おもしろい化学の実験 武田一美 東洋館出版社 1993年初版第2刷

その他の実験に戻る